シンガポール国立大学
英⽇同時通訳付き

アジア地政学プログラム

「アジア地政学」はグローバルリーダーのリベラルアーツ

グローバルリーダーのリベラルアーツ

国立シンガポール大学リークワンユースクール(LKY)が主催する、第19期「アジア地政学プログラム」は、2021年11月15日(月)〜11月19日(金)に開催します。

2020年よりオンラインでご受講いただけるようになり、30日間の見逃し視聴もご提供しています。

11月5日18時(日本時間)より最終オンライン説明会開催!
下記リンクより参加のご登録をお願いいたします。
https://bit.ly/3nEdVfY

参加者の声

尾原和啓 アジア地政学プログラム 参加者

米中紛争、インド東南アジアと混迷の時代の羅針盤となる寿玉の5日間

ー 尾原 和啓氏 IT批評家

米中紛争、インド東南アジアと混迷の時代の羅針盤となる寿玉の5日間です。
シンガポールという世界のバランスで急成長、今や一人当たりGDPで日本の二倍を超える国の地政学トップスクールがリードしたコースはGIC長官、各国に精通した元政府高官など通常会えない方々からの講義と交流からエッジな知見とネットワークを得られます。
尾原和啓 アジア地政学プログラム 参加者

世界が激変するこのタイミングで、極めて価値が高い機会

ー 北野 宏明氏 ソニーコンピュータサイエンス研究所

NUS Lee Kuan Yew公共政策大学院でのアジア地政学コースは、経済的にも地理的にもアジアの一つの核であるシンガポールからみた世界観を体感できる5日間です。トップレベル講師陣が、日本からでは見えないアジアの姿を描き出してくれます。実際にその地に立って行動すると同時に、この講座を通じて俯瞰したアジア像を頭の中に入れておくことは、世界が激変するこのタイミングでは、極めて価値が高い機会だと思います。
北野宏明 アジア地政学プログラム 参加者
北野宏明 アジア地政学プログラム 参加者
岩瀬大輔 アジア地政学プログラム 参加者

米中はこれからどうなるのか、先鋭化するように見える中国の真意のオフレコ意見が聞ける

ー 岩瀬 大輔氏 マネージングダイレクター Spiral Capital

米中はこれからどうなるのか、先鋭化するように見える中国の真意は何かを、中国のインサイダーのオフレコ意見を聞けたこと。シンガポールの政権に近い超エリートたちが見ている世界。インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピンの歴史と政治経済の構造、いま起こっていること。実務に近い方々の息遣いを感じつつ、コンパクトに俯瞰してみる良い機会でした。これからアジアでビジネスを展開するすべてのビジネスパーソンに受講して欲しい内容。質疑応答の時間をたっぷり取ってくれたので、講師の方々とone-on-oneでガンガン話すこともできました。日英の同時通訳付きです。

今回は 佐藤 輝英氏 福武 英明氏 谷家衛氏 らの仲間と一緒に受講できたのも楽しかったです(ウェビナーの裏でチャットで雑談しながらの受講)。お友達をお誘い合わせの上、参加されると楽しさ倍増。
岩瀬大輔 アジア地政学プログラム 参加者

講師陣の深く鋭くユニークな切り口での考察は、我々が普段直面している様々なビジネスの課題とも直接的間接的にも関係する

ー 福武 英明氏 Benesse Holdings

俯瞰的に世の中を見ることの重要性を疑う人はいないだろう。一方、普段からどれだけの人が実践出来ているのだろうか。今回の受講を通して、前へ進むだけなく、一度立ち止まった上で、今現在のアジアを中心とした横方向で何が起こっているのかを理解出来たことはとても有意義でした。しかも、俯瞰的なだけではなく、各国の政治経済文化に精通した講師陣の深く鋭くユニークな切り口での考察は、我々が普段直面している様々なビジネスの課題とも直接的間接的にも関係してきますので、皆様にも大きな気付きがあるかと思います。講師の方々も大変フランクなので、参加される場合は是非ガンガン質問されることオススメします。
福武英明 アジア地政学プログラム 参加者
福武英明 アジア地政学プログラム 参加者
吉田浩一郎 アジア地政学プログラム 参加者

各国の最新情勢に加えて、歴史・宗教・民族から社会や文化を眺めるというマクロの話が刺激的

ー 吉田 浩一郎氏 クラウドワークス 代表取締役社長

起業家として世界展開を視野においているため、世界の経済センターであるアジアを知ることは不可欠と考えてこのプログラムを受講しました。各国の最新情勢に加えて、歴史・宗教・民族から社会や文化を眺めるというマクロの話が刺激的でした。このプログラムを通じて自分が今後どうしていきたいか?どうアジア展開していくのか?を再確認できたことも非常に有意義でした。日々の経営や業務から離れて、このプログラムを通してアジアや日本、そして自身を見つめなおすことをお勧めします
吉田浩一郎 アジア地政学プログラム 参加者

素晴らしい講師陣、プログラムの内容、志高い参加者とのディスカッション

ー 米田 健二氏 住友生命 国際業務部長

このプログラムの素晴らしいところを3つ。
①講師が素晴らしい。超一流のスター軍団で、知識の宝庫みたいな人達です。
②中身が素晴らしい。この短期間で、これだけの知識を得られるのはお得です。
③参加者が素晴らしい。志の高い人の集まりで、ディスカッションは刺激的ですし、自分ももっと勉強しようというモチベーションが沸きます。
米田健二 アジア地政学プログラム 参加者
米田健二 アジア地政学プログラム 参加者
白木夏子 アジア地政学プログラム 参加者

未来に対して大きな志を持ち変革を行っていく次世代の担い手たちと、インタラクティブなディスカッションを通じて多様な視点を培うことができる

ー 白木 夏子氏 HASUNA Founder & CEO

5日間のアジア地政学プログラムは、世界トップレベルの教授陣によるプログラムの内容はもとより、参加者同士の学び合いにも大変刺激を受けました。世界経済、ASEAN諸国のミクロ経済に関する知識のインプットに加えて、アジアでビジネスを展開されている実業家や投資家など、未来に対して大きな志を持ち変革を行っていく次世代の担い手たちと、インタラクティブなディスカッションを通じて多様な視点を培うことができました。日本を客観視し視座を高めることができるため、今後の事業展開を考えたい方や、自己研鑽の場としてもおすすめです。
白木夏子 アジア地政学プログラム 参加者

見逃し視聴など時間の有効活用が出来、また日本をはじめ各国受講生である蒼々たるメンバーと簡単に繋がれる、オンラインならではの魅力

ー Keita Miyamoto氏
Chief Executive Officer at Arthit Capital Management Pte Ltd
地政学プログラムの魅力について21世紀に入りテクノロジーの進展が世界各国の距離を飛躍的に縮めました。情報操作に惑わされること無く、本物で正真正銘の叡智を教授陣と仲間と教室のみならずオンラインでも議論をする機会は地政学セミナーでしか得ることが出来ません。
今回はオンラインで受講しましたが、見逃し視聴など時間の有効活用が出来、また日本をはじめ各国受講生である蒼々たるメンバーと簡単にオンラインで繋がれたことは大変魅力的でした。混沌とした世の中を生き抜くためにも大変お薦めいたします。
Keita Miyamoto アジア地政学プログラム 参加者
和田大我 アジア地政学プログラム 参加者

コロナで渡航制限がかかる今こそ、日頃仕事で訪れているアジア諸国を俯瞰的に眺める絶好のタイミング

ー 和田 大我氏 日本政策投資銀行シンガポール支店COO

1週間の短期講座でしたが、多様な講師陣によるタイムリー且つ冷静な地政学分析やリーダーシップ論の講義に加え、アジアを中心にビジネスの最前線で活躍されている参加者の皆様との意見交換を通じて、大いに刺激を受けました。コロナで渡航制限がかかる今こそ、日頃仕事で訪れているアジア諸国を俯瞰的に眺める絶好のタイミングであったと思います。オンラインながら講師陣らとのサロンの場も用意されており良いネットワーキングの機会にもなりました。【今回業務の傍ら参加しましたが、この凄まじい情報量を受け止めるには講座のみに専念することをお勧めします!】
和田大我 アジア地政学プログラム 参加者

断片情報を意味あるインテリジェンスに変えるプログラム

ー 山本 名美氏 テレビ東京 メディア戦略室部長

政治、経済、技術、歴史、文化の「現在地」を知る地図を、自分の中にどれだけ持っているかが問われる時代。断片情報を意味あるインテリジェンスに変える世界地図をぎゅっと圧縮してインプットしてくれる稀有なプログラムです。米中関係、巨大アジア市場のリスクと可能性、日本の現在地、、、超一流の講師の方々との自由な意見交換も最高の体験。時間が許せば何度でも受講したいと思います。
山本名美 アジア地政学プログラム 参加者
山本名美 アジア地政学プログラム 参加者
西川順 アジア地政学プログラム 参加者

日本では決して手に入ることのないレベルの「情報」

ー 西川 順氏 franky Inc,.Co-founder&COO エンジェル投資家

LKY Schoolの地政学コースには過去シンガポール2回、蘇州1回の参加をさせていただきましたが、日本では決して手に入ることのないレベルの「情報」が得られる貴重な授業の数々に圧倒されます。東南アジアのみならず、米中関係をアジア、そして世界のエリートたちがどう見てみるのか、それを政治やビジネスにどう活かそうとしているのかが、肌で感じられる貴重な1週間です。
また、同じコースに参加されている方たちも錚々たる面子で、彼らとのネットワーキングもコース受講の魅力の一つです。今は、コロナの影響でオンライン開催をされているのですが、オンラインでも十分な成果が得られると受講生にお聞きしたので、12月には情報アップデートのために4回目の参加を予定しています。
西川順 アジア地政学プログラム 参加者

一週間でダイナミックに変化するアジアを網羅する

ー 三宅 卓氏 日本М&Aセンター 代表取締役社長 
M&Aも舞台はアジアに移っています。第一回に私が出させていただき、一週間でダイナミックに変化するアジアを網羅して知ることができる実感を持ったのでその後は共同創業者の会長も含め、毎期幹部や成績上位の幹部候補生を派遣しています。経済はもちろん、地理や歴史や民族や宗教や相互の関係まで多様なアジアを深く広く学べる刺激的なプログロムで他の受講生や講師陣との交流も魅力的なので当社でも人気があります。あらゆる業種の方々にお勧めします。
三宅卓 アジア地政学プログラム 参加者
三宅卓 アジア地政学プログラム 参加者
佐藤輝英 アジア地政学プログラム 参加者

街角や新聞から入ってくる断片的な情報を、このプログラムで体系立てて整理

ー 佐藤 輝英氏 BEENEXT Capital Management, Founder and CEO

起業家として世界展開を視野においているため、世界の経済センターであるアジアを知ることは不可欠と考えてこのプログラムを受講しました。各国の最新情勢に加えて、歴史・宗教・民族から社会や文化を眺めるというマクロの話が刺激的でした。このプログラムを通じて自分が今後どうしていきたいか?どうアジア展開していくのか?を再確認できたことも非常に有意義でした。日々の経営や業務から離れて、このプログラムを通してアジアや日本、そして自身を見つめなおすことをお勧めします
佐藤輝英 アジア地政学プログラム 参加者

400名以上の日本、アジアのビジネスリーダー、政府官僚、弁護士、会計士、医師らを輩出

ー 千本 倖生氏 株式会社レノバ代表取締役会長

シンガポールは世界経済の中心であるアジアのみならずアフリカから欧州、アメリカ、南米、アフリカまで世界に対する窓口になっている。そこにあるアジアナンバーワンの国立シンガポール大学のリークワンユー公共政策大学院は世界三大公共政策大学の一つである。講師陣の国籍もバックグランドも多様である。例を挙げれば、WTOのトップ、世界最大の政府系ファンドの社長・会長、某国諜報機関のトップ、某国の閣僚、大使、等々の方々が壇上に立つ。国内外で政・財・官の現場を踏んだ田村教授が主宰するこのプログラムは5年、15期を終え、400名以上の日本、アジアのビジネスリーダー、政府官僚、弁護士、会計士、医師らを輩出している。私自身も世界中の様々な高等教育機関で学んできたが、このプログラムでの学びはそれらと比して勝るとも劣らない。是非心からこのプログラムを日本のアジアのリーダーたちに推薦したい。
千本倖生 アジア地政学プログラム 参加者
千本倖生 アジア地政学プログラム 参加者
間下直晃 アジア地政学プログラム 参加者

政治の表と裏、経済を知り尽くした強力な講師陣に圧倒される。これは日本では揃えられない。

ー 間下 直晃氏 CEO & Founder V-cube Group

アジアで日々ビジネスを展開している立場で誘われて、今更勉強ねぇとも思いながら受講してみたが、さすが国父リークワンユー氏の名前をつけただけあり、政治の表と裏、経済を知り尽くした強力な講師陣に圧倒される。これは日本では揃えられない。普段現場で入手しているミクロな情報も体系だって裏付け・整理することができたし、マクロな視点と地政学的視点からのインプットは今後の展開の意思決定に大きな影響を与えるものとなった。アジアは政治と経済は切っても切り離せない関係。両方を表と裏からしっかり学び、展開していくことは必須なのではないか。
間下直晃 アジア地政学プログラム 参加者

女性の活躍が目覚ましく、メイド文化や多様性の受け入れが定着するアジア各国を学び事業展開の参考に

ー 和田 幸子氏 ブランニュウスタイル株式会社 代表取締役

私は日本で『タスカジ』という家事代行マッチングプラットフォームを運営する起業家です。女性の活躍が目覚ましく、メイド文化や多様性の受け入れが定着するアジア各国を学び事業展開の参考にすべく参加しました。ASEAN各国を研究する専門家に好きなだけ質問でき、各国の歴史的背景を踏まえた日本、中国、米国などの国々の見え方など日本では獲得し得ない情報が満載の講座でした。夜のパーティでの講師陣や受講者との交流を通して、帰国後も続く強いネットワーク作りができるのもこの講座の魅力です。
和田幸子 アジア地政学プログラム 参加者
和田幸子 アジア地政学プログラム 参加者
姉崎 靖氏

脳に汗をかいた一週間だった。点が線に、線が面になるか如く理解が深まり、ネクストアクションも描けた。

ー 姉崎 靖氏 Uniqlo/Fast Retailing (Singapore) Pte. Ltd., Chief Financial Officer

脳に汗をかいた一週間だった。政治・経済・社会・民族などを立体的に捉えつつ、米中対立や台湾など時事問題にも切り込んだ講義が続いた。地上戦を繰り返して来た身としては、ヘリコプターに乗せられて俯瞰する感じで、点が線に、線が面になるか如く理解が深まり、ネクストアクションも描けた。質問タイムが設けられており、講師陣から本音で答えて頂けるので、頭をフル回転させて全講義で質問をしまくった。また、一緒に学ぶ仲間が得られたことも嬉しい。今回はオンラインであったが、対面開催はより魅力的なはずで、プログラムも毎期アップデートされているのだから改めて参加したいし、おススメしたい。

姉崎 靖氏

答えのない問いに挑み、またその問いそのものを見つけ出さなくてはならない激動の時代に生きる術

ー 森永 泰弘氏
New Business Development Div. Murata Electronics Singapore Pte Ltd, General Manager

「グローバルリーダーのためのリベラルアーツ」と冠される通り、答えのない問いに挑み、またその問いそのものを見つけ出さなくてはならない激動の時代に生きるリーダーの素養となるアジア地政学の今、そして未来のシナリオを学べる貴重なコースです。
オンラインでしたが、講義の半分の時間はインタラクティブに行われ、多彩な講師陣と直接対話ができました。踏み込んだ質問にも率直なコメントをもらえるので、非常に実践的で、今後の事業展開を考える上でも沢山の気付きがありました。また、参加者とのネットワーキング・意見交換の機会も設けられていて、自由な往来が制限される現在、有意義な交流の場となりました。

森永 泰弘氏
森永 泰弘氏
阿部 亮一氏

最新の米中関係、テクノロジーに関するグローバル競争、文化やアートといった非常に多面的かつ質の高い講義

ー 阿部 亮一氏 国際協力銀行 シンガポール主席駐在員

シンガポールに赴任し、複数の管轄国に関する政治・経済情勢を調べていくうちに、各国の多様性に圧倒され、腰を据えて各国を理解することが必要と考えました。そんな中で出会った本プログラムで主要各国の状況はもちろんのこと、最新の米中関係、テクノロジーに関するグローバル競争、文化やアートといった非常に多面的かつ質の高い講義を受けることができました。
しっかりと腰を据えて教育機関の講義を受けるのは久しぶりでしたが、プログラムが効果的に構成されているので5日間にも関わらず非常に濃い学びとなりました。またバックグラウンドが様々な受講生の皆様にも様々な刺激を受ける機会となりました。

阿部 亮一氏

主な過去参加企業(一部)

外務省、金融庁、経済産業省、国土交通省、総務省、科学技術振興機構、大和証券、野村證券、国際開発銀行、日本政策投資銀行、みずほ銀行、SMBC日興証券、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、日興アセットマネジメント、グーグル、ファーストリテイリング(ユニクロ)、クラウドワークス、オラクル、グリー、ユーザベース、ブイキューブ、P&G、村田製作所、森ビル、ローソン、ベネッセホールティング、ドン・キホーテ、ラクスル、レノバ、ファイザー、資生堂アジアパシフィック、丸紅伊藤忠鉄鋼、味の素、ゴーゴーカレー、住友生命、プルデンシャル生命、三菱地所、住友商事、双日、商船三井、三菱商事、三井物産、福岡地所、千代田化工建設、NTTドコモ、GMOリサーチ、ジェトロ、アースト・アンド・ヤング、デロイトトーマツ、トーマツベンチャー、九州大学、グロービス、日立コンサルティング、テレビ東京、スマートニュース、長島・大野・常松法律事務所、森・濱田松本法律事務所、日本M&Aセンター、ソニーコンピューターサイエンス研究所、日本生命グローバルインベスターズ、レオスキャピタルワークス、ビーネクスト、インキュベイトファンド、ほか(略称、順不同)

前回のメイントピック

米中関係

東南アジア政治

テクノロジーの進化

デジタル化、SDGs

米中対立の深刻化、Brexit、テクノロジーの急速の変化、迫る気候変動など、アジア経済を大きく揺さぶるトリガーが同時発動する中、ミャンマークーデター、香港情勢、中台関係、朝鮮半島情勢、中印関係はどう動いていくのか。
日本は、この激変の時代にアジアでどのようにプレゼンスを高めていくことができるのかを、講師陣が読み解きます。

プログラムに登壇する講師陣

各国・国際機関のアドバイザーを務める当校教授陣のほか、GIC(シンガポール政府投資会社)前社長、シンガポール未来戦略センター所長、シンガポール諜報機関元幹部、オーストラリア前貿易大臣、フィリピン前財務大臣、アメリカ元商務次官補、欧州最大PEファンドMD、アジア開発銀行前副総裁、駐シンガポール・インド大使、駐シンガポール日本大使、クリスティーズ・エデュケーションのダイレクター、ワールド・ゴールド・カウンシルの中央銀行担当ヘッドらが登壇します。

今後の開催スケジュール

19期生
2021年11月15日(月)〜11月19日(金)
開催時間
午前8:00〜午後5:00 (シンガポール時間)
開催場所
オンライン
※30日間の見逃し視聴可 ※英日同時通訳付き
MENU